「明確に家事分担をしない」が新鮮に感じた!◆家族留学1dayイベント参加者の声@広島◆

参加者の声

こんにちは、今村です。最近、娘も息子もダンゴ虫好きです。帰り道では必ず探して、見つけては手に乗せて楽しんでいます。今のところすぐに戻していますが、いつか家に持って帰ってこないか心配な日々です(笑)

さて、本日は5月に開催しました家族留学1dayイベントの留学生・受け入れ家庭の方の声をお届けします。今回の家族留学1dayイベントは首都圏以外でも複数のご家庭で開催!
ご紹介する感想も広島県からのご参加者よりいただきました☆

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆★家族留学参加者の方の声★☆
☆実施日:2017年5月 日曜日

☆家族留学生:高田様
<家族留学を通して気付いたことや学びを教えてください>
家事をどのように行っているかという質問をメールでもさせていただいたのですが、直接会って改めてその件について聞いた時、とても印象に残る話をしていただきました。
それは「家事を’分担’するという意識を持つことで、やりたくないけどやらないといけないとか、やってもらって当たり前という感覚を持ってしまうから私たちは明確な家事分担はしていない」という話でした。
今まで私は夫婦での家事負担を分散させるためには‘分担’を決めるのがいいことだと考えていたので、非常に新鮮な考え方に感じました。でも言われてみたらその通りで、分担という言葉を使うことによってより辛い時にやる家事が苦痛に感じてしまうのではないかと私自身も感じました。

結論としては、家族留学に参加してみて本当によかったと思います。
夫婦のモデルケースというのは知っていても普段の生活を通じてその内情までを知ることができる機会はなかなかありません。実際に家庭に飛び込んでみて見えてくることもたくさんありましたし、家庭で夫婦がどのような問題を抱えているかも肌で感じることができました。
もちろん問題点だけでなく、夫婦での過ごすことのいい点、子供の愛おしさなども実際に家庭にお邪魔させていただくことで強く感じることができました。
今後の自分の人生を考えて行く上でこの家族留学はいい機会となったように思います。もしまた機会があるのならば是非ともやらせていただきたいです。学びあり、楽しさありのこの家族留学、これからも続けていってください。

☆受け入れ家庭:桐谷様
<家族留学を受け入れての感想を教えてください。>
今回初めての家族留学受け入れでしたが、私たち夫婦の学生時代とは比べ物にならないくらい仕事や家庭、自分の人生について未来を真剣に考えているんだなぁということがとても感じられました。

今回は子どもがとてもなついたため、一緒に遊んでもらうのがほとんどになってしまいましたが、その触れ合いの中で私たち夫婦も子どもとの遊びにもっと無邪気さが必要だなぁと反省しました。
近所のお子さんも巻き込んで体を張って子供と向き合ってくれたこと、とても感謝しています。

ネットの発達した現代で、いろいろな生活課題や体験談等はよく目に入ってきてはいますが、サイレントマジョリティといいますか、声に上がらないいろいろな子育てや幸せの考え方も多種多様にある、ということは普段から実感していましたので、その一端でも学生様に伝わり、感じてもらい何かの学びに繋がっていれば幸いです。

価値観や個人の幸福感においては本当に多種多様化している昨今、人生における選択肢がとても多く、何を選べばよいのかわからない時代ともいえます。20代はそのことを踏まえつつ大いに悩み、広い視野を持って、自分の人生観の「核」を確立する時期だと、30代になった今振り返ってひしひしと感じています。
未来と可能性のある若い学生様の学びのお手伝いが出来ましたことは何よりの幸せです。

<家族留学をまた受け入れたいと思いますか>
はい 。子育て真っ最中の私たち夫婦にも考えさせられ、学びの機会もありました。
学生様からの素直な質問を受け、夫婦で考えるいいコミュニケーション機会にもなりました。
夫婦や家庭の数だけ考えがあるのと同じように、学生様にもいろいろな価値観があることと思います。
これからの時代を担う若い世代の考えに触れることは、その次の世代であるわが子の教育や生活にも少なからず収穫があるかと思います。
お力になれることがあれば、いつでも受け入れをさせていただきたく思います。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
「分担するがいいことだ」と思っていた→受け入れ家庭が「明確に分担していない」ということを知って、家族留学の中で新しい気づきがあったようですね。
今回の受け入れ家庭の感想にもあるように、「夫婦や家庭の数だけ考え方がある」というのは、家族留学の中で受け入れ家庭の方からよくお話がでるエピソードです。

我が家も明確には分担していないほうに入るのかなと思います。
なので、家事分担の割合を聞かれたりすると答えに困ったりすることもあります笑
まだまだ模索中でもありますが、我が家にとって心地よい道を引き続きさがしていきたいなと思う感想でした!

今後も家族留学が、色々な家族のカタチを見て自分はどうしたいかを考えるきっかけの場となれば嬉しいです。
ありがとうございました!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
【manmaからのお知らせ】
☆6/25(日)家族留学フェスタ申し込み受付中!
・家族留学10:00-14:30@受け入れ家庭のご自宅周辺
・座談会15:30-17:00@法政大学市ヶ谷キャンパス(市ヶ谷駅もしくは飯田橋駅徒歩10分)
※座談会への参加が難しい場合は、家族留学のみのご参加も可能です。
首都圏以外の地域の方のご参加・受け入れも大歓迎です!
● 参加費●
・家族留学生:学生1500円、社会人3年目まで3000円
・受け入れ家庭:無料
● ご応募はこちらから●
・ 参加学生、参加社会人の方はこちら
・受け入れ家庭の方はこちら

 ☆『ライフキャリアプログラム』『家族留学』を大学の授業・企業の研修や採用イベントへの活用にご興味お持ちのご担当者様、manmaへの取材希望のマスコミご担当者様、その他manmaへのお問い合わせは、manmaホームページよりお願いいたします。