公益財団法人ジョイセフ 石井澄江代表理事・理事長インタビュー

ジョイセフ(公益財団法人)は、女性の命と健康を守るために活動している日本生まれの国際協力NGOです。
戦後の日本が実践してきた家族計画・母子保健の分野での経験やノウハウを途上国に移転してほしいという国際的な要望を受け、1968年に設立。国連、国際機関、現地NGOや地域住民と連携し、アジアやアフリカで、保健分野の人材養成、物資支援、プロジェクトを通して生活向上等の支援を行っています。

今回は代表理事・理事長を務める石井澄江さんに、「女性が輝く社会」をテーマにお話を伺いました。

 

1.WAW!のミッションに共感され、アドバイザーに就任された背景を教えて下さい。

2016年のWAW!に参加したことが理由だと思います。WAW!のミッションには共感しています。ただ、WAW!自体の認知度が低いのは残念です。日本政府はWAW!で女性を巡る様々な課題について包括的に議論し、国内外に解決策を提言していく場としています。ミッションに参画するためにも、まずNGOとして何ができるかを考え、そこで提案されたことを行動に移していきたいと思います。

 

2.“女性が輝く社会”とはどのような社会とお考えでしょうか。

女性が女性であることで差別されない、自分の能力を十分に発揮できる社会と考えています。というのも、途上国支援をする中で、女性であるがゆえに、命や健康が脅かされている姿を生で見てきたからです。

世界中のすべての女性には、健康や性についての知識や情報を得て、自らの意思で人生を選択し、決定する権利があります。さまざまな格差によって弱い立場に置かれている女性の命と健康を守るためにも、持続可能な環境をつくる必要があると思います。

3.それに向けてご自身の組織が取り組まれていることがすでにございましたら教えて下さい。

ジョイセフは「格差」をなくすために、女性を取りまく環境を改善する活動を行っています。一例として、ザンビアでの取り組みがあります。

ザンビアの農村地域では、保健施設までの道のりが遠いために、自宅での出産を選ばざるを得ない妊婦が多く、2人に1人は医師や助産師などの専門技能者の介助がない状況で出産しています。そこでジョイセフは、ザンビアのコッパーベルト州マサイティ郡で2011年から妊産婦支援プロジェクトを開始。母子保健推進員の育成と地域の住民に対する啓発活動、そして妊婦さんが予定日2週間前から無料で滞在できるマタニティハウス(出産待機ハウス)の建設をしてきました。それらを通して、女性が安心して出産できる環境づくりに取り組んできました。

ジョイセフの活動をさらに詳しく知りたい方へ

https://www.joicfp.or.jp/jpn/wp-content/uploads/2017/08/AR2016.pdf

 

4.これから取り組んでいきたいことは何かありますでしょうか。

ジョイセフが取り組んでいる途上国支援の敷居を下げることです。国際協力と言うと、どうも引け目を感じられる方もいらっしゃると思います。入口をどう低くするかが大切だと考えています。

 

5.特に若い世代の活躍を支援するために、企業・自治体・大学等で取り組んでいくべきことはありますでしょうか。

自分たちがどういう世界にしたいか、何年後どうありたいのか、を考えるきっかけを作るべきだと思います。ただ、それが重荷にならないように。日常の中から意識できれば、若者を取り巻く環境も大きく変わります。エコ活動と似ていて、マイボトルのように明日からでも実践できる、そんな気軽な取り組みが大切です。

6.若い世代が自らその社会に貢献できることは何でしょうか。

二つあります。一つ目は、まず若者自身が自己肯定感を持つこと。日本では、幼少期から自己肯定感を持つことの重要性を教えられません。自分の意見を言うくらいなら黙っておこう、恥ずかしい思いをしたくない、という気持ちがあります。でも大切なのは、自分に何ができるかよりも、何をしたいかを認識すること。ステレオタイプの人生設計ではなくて、きちんと意思を全うできるようにしてほしいです。

二つ目は、自分が問題の当事者であることを自覚すること。SDGsの掲げる開発目標をどこか遠い世界の話として受け止めている人が多いと思います。そうではなくて、自分自身がその当事者である、ということをまずは自覚することが大切だと思います。そのためにも、教育で、家庭で、友達との会話の中でそれに気づく機会が増えてほしいです。

 

Created by manma×POTETO(poteto.media

・国際女性会議WAW!(WAW!2017)

主催:日本国政府

日時:2017年11月1日(水)~3日(金・祝)

場所:東京プリンスホテル

SNS:Twitter @WAW_Japan / facebook @shineweeks

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です